いびきはこうして起こる


軟膏蓋の振動がいびきのおもな原因

では、どうしていびきは私たちの体に負担をかけるのでしょうか。

それを理解するには、まずいびきのメカニズムについて知っておく必要があります。


鼻腔からのど、気管支に至るまでの空気の通り道を「上気道」といいます。


寝ているとき、この上気道がなんらかの理由によって狭まると、呼吸をするときに空気抵抗が増えて粘膜や分泌物が振動します。

この音がいびきの正体です。


つまりいびきは、空気の通り道が狭まっているのもかかわらず、無理矢理呼吸しようとするために起こる音なのです。


上気道にはもともと、空気の出入りの抵抗となる、凹凸や狭くなったところなどがあります。


こうした抵抗部分は、入ってくる空気を温めたり、空気に湿度を加えたり、また空気中のほこりなどが直接肺に入らないようにするなど、重要な役割を果たしています。


しかし逆いえば、上気道にちょっとした障害(たとえば扁桃が腫れるなど)が起こっただけで、ただでさえ抵抗が多い空気の通り道がいっそう狭まり、いびきをかきやすい状態になってしまうことでもあります。

つまり、構造的にだれもがいびきをかく素因をあらかじめ持っているわけです。


振動する部位として、鼻翼、軟膏蓋や口蓋垂(のどちんこ)、舌根部、喉頭蓋などがあげられます。


とくに振動しやすいのは軟口蓋で、いびきをかく人の多く(約75%)はこの軟口蓋の振動が原因になっています。


軟口蓋というのは、上あごを舌でなぞってみるとわかると思いますが、のど寄りの柔らかい部分です。

のどの奥のあって、空気が入ってくるときには開き、食べ物をのみ込むときには気管に入らないようフタを閉じる役目を負っているところです。

この喉頭蓋の粘膜が肥厚していると空気抵抗を強めることになります。


それにしても、どんなに大いびきをかくといわれている人でも、ふだん起きているときの呼吸では、それほどはなはだしい騒音(?)は出ません。

いびきを医学的に定義すると「眠っているときだけ起こる異常呼吸音」というふうに表されるのですが、なぜ睡眠中の呼吸では、そのような騒音をともなってしまうのでしょうか。



小学館
いびきのことがよくわかる本
東京女子医科大学耳鼻咽喉科教授
高山幹子著
P14〜18 より引用




いびき対策に!【サイレントナイト】副作用ないサプリメント! トップページ


FX業者