「不眠症のツボ」刺激

2つの「不眠症のツボ」刺激は、安心して行える不眠解消法です

典型的な不眠とは、ストレスがきっかけで眠れなくなり、ストレスのもとになった問題が解決したあとでも、不眠症は続いてしまうというケースです。

睡眠薬には抵抗のある人でも、ツボ刺激なら習慣性の心配もなく、安心して行えるのではないでしょうか。

簡単なところで、耳の後ろにある乳様突起という骨の出っ張りの下に、「安眠」という、文字通り安眠を誘うツボがあります。

耳の周辺は敏感なので、やさしく刺激しましょう。

また、夜間の頻尿のある時は、足の裏にある「失眠」のツボを加えてみてはどうでしょう。

「安眠」には指圧が効果的ですが、足の裏では刺激が伝わりにくいので、「失眠」は木づちでトントンとたたきます。


安眠−耳の後ろ側にある乳頭突起という骨の出っ張りの下。

安眠の指圧・・・5~10回  人さし指の腹でやさしく押す。

失眠−足の裏の、かかとの中央。
失眠の指圧・・・50~100回  木づちの細い部分でリズミカルにたたきましょう。




いびき対策に!【サイレントナイト】副作用ないサプリメント! トップページ


FX業者